武器は無数の達人

今の俺には音楽をしている中でいくつの武器を持ち合わせているだろうか。

武器の数に頼るしかなくて、その武器の数こそが武器となっている今。

そんな中、たった一つの武器で突き進んでるアーティストは尊敬の眼差しにしかならない。

たった1つの、唯一無二の刃を研ぎ澄まして、頂点に向かうその姿は猛獣以上に侍である。

自分にはその一筋縄が保てないから、どんどん武器を増やしたく思う。

そこで見返した時に、どの1つの刃も尖った鋭さが無いのなら無意味である。

研ぎ澄まして、研ぎ澄まして、角のたった刃で、二刀流、三刀流で、頂上を目指せばいいじゃないか。

暇さえあれば、何時間でもスタジオに引きこもれるほどの馬鹿さ加減がある武器がある。

負のスパイラルに飲み込まれても、人の助けで逆境に立ち向かうことができる。

1つだけの脳ではなく、いくつもの脳で心理戦でも闘える。

進もうぞ!!
刃と心を1つにして!!



己の心を石と化して、1分の狂いも無い世界を味わっていこう!!

そして、必ず勝者となる。

売れなければそれは詐欺師である。

素敵な出逢いの場。
素敵な練習の場。
たまたま食べログ的なの開いたら僕らの写真だったという素敵な画面の場。
事務所社長からの御紹介から人生で初めて見れたVKFプロレス、最高の場。





(これに関する写真は無いが)あるLiveのフライヤーを170件分回覧板で回すと言い、手書きで僕が地元出身だということをアピールしてくださる地元の知り合いのお姉様。



毎日人の支える力というものを感じております。

時系列はぐちゃぐちゃだが、Blogにこうして書くことで自分の心と話して、有言実行している次第でございます。

頑張っていきまっしょぃ。
新1週間。迷いながらも悩みながらも、解決策は必ずある。

ふぁぃやー!!的な。








-終-