SPECIAL INFORMATION

Sweet&Bitter.の5年の歴史を詰め込んだ1枚Bestalbumリリース!

Sweet&Bitter. PROFILE

Sweet&Bitter.(スイートアンドビター)2012年1月13日に、吉田浩氣と小川正浩で結成されたMixed Flok(ミクストフォーク)ディオ。

【~人と音楽は隣り合わせ~】というキャッチフレーズをモットーに精力的に音楽活動を行っていて、アコースティックギターの弾き語りだが、曲によって「Rock、HipHop、ファンク、カントリーetc…だね」とまわりから言われるなどFolkでも多彩なジャンルを取り入れていることからMixed Folkと命名。

現在、様々なライブやイベントに引っ張りだこ!京都出身のアーティストとして順調に活動の幅を広げ続けている。

 

Sweet&Bitter. Facebookページ

Sweet&Bitter.LINE@

LINEでもライブ情報等をお届け!

@suibita67


Sweet担当

吉田 浩氣

(Hiroki Yoshida)

電球のように明るく社交的で復興支援、ボランティアなどにも積極的に参加する行動派。

京都府南丹市出身で街づくりに貢献している。 

Bitter担当

小川 正浩

(Masahiro Ogawa)

頭脳派で発案型。音楽にストイックに取り組む。京都市山科区出身でこちらも育った町への想いで、地元でのLIVE活動も行なっている。


俺は、あの日龍を見た。
この目で、龍を見たんだ。

音楽とは時として残酷なものだ。

人を憎悪感で溢れさし、人を孤独にする生き物だ。
だが、または逆に、憎悪感を拭ったり、孤独を救う生き物でもある。

夢とは時として軽薄なものだ。

人を挫折に追い込み闇の中へ葬り去り、人を社会の厳しさの渦の中を知らぬまま去る。
だが、または逆にその挫折から這い上がる強さを与えてくれたり、社会の厳しさは分からずとも自分に打ち勝つ明日の自分を創り出す強さは教えてくれるかもしれない。

俺は、あの日龍を見た。
この目で、龍を見たんだ。

龍の背中に乗れるかもしれない。
自分自身が龍になるのかもしれない。

岡山での音楽は、人の人生の応援歌として志高く誇れるものとして伝え続けようと心に誓った日となった。


本当に行けて良かった。


ありがとうございました。



快晴。

の中に伸びた雲。

どの雲を見ても全てが伸びている。

あの日、俺は龍を見たんだ。
2017年最後のツイキャスありがとうございました!
またの機会があれば
【Mr_Six Seven】サポートお願いします!

年の瀬に音楽の先輩とご飯に行った

お前はダサいって言われた

音楽で歌ってるのに、音楽以外のことばかりしてダサいって言われた

裏方のすることを自らやって、ただの自己満やん、ダサいって言われた

メジャー目指してるとか、有名になりたいとかいう気持ちがあるからって、今現時点ではなってないのに、先の動きをして、インディーズである今出来ることやるべきことをやってないお前ダサいって言われた

悩んだらその都度落ち込んで止まってるお前ダサいって言われた

見る人が見たらすぐ分かるし、根底である歌唱力をあげる努力をしてへんお前ダサいって言われた

形ばっかりに捉われてるやん、中身をもっと鍛えろよ、ダサいって言われた

悔しかった
でもいつしか俺は無意識にその先輩の背中ばかり見てた
自分では悔しいけど

前に人が敷いたレールの上を走るのが嫌で嫌で外れようと思うけど、気がついたらレールの上を走ってた

でもそれを自分で自分を認めた時、少し楽になった


「どんなことでも【継続】することが1番難しいんや、だから俺の夢は歌い続けること」

親父と喋ってるみたいだった

過去に言われたことが同じ言葉だったから

「継続すればどんなことでもいつか良い風に変化する日が来る。」


今までの俺は何にしても焦って、早く早くという言葉が先に来て、急がば回れ状態

何事も悪循環で

本当にこの時期に話せて感謝です


今まで俺は、本当に応援してくれて、ついてきてくれてるみんなに説明無しで、言葉も無しで音楽の雰囲気を変えたり、Styleを変えたりしてきた

それは自分の中で、続けるためには変化をしなくては続かないと思ってるからである
続けていくことは大事だということはずっと思ってるから

飽きられるのも怖いというのもあるし、でも変わらへん部分というのが必ずある

それはその都度のワンマンライブで出していきたい
楽曲、Style、演奏Style、衣装、気持ち、言葉

これから幾度となく行なっていくワンマンライブでは始まりから今まで全てを見れる世界だと思う

だから音楽で魅せれる世界は唯一ワンマンライブの時だけだろうと思います
生を聴いてほしいと思うけど、これからのインストア、フリーライブというのは、なんぼ生であろうとその世界の入り口に立ってほしいという意図でしかない

自分が好きな音楽だけやっていたらきっと今の時代には合ってないし、世間に受け入れてもらえない

人生の応援歌を歌っていても、メロディーラインというのが大いに関係してくる

同年代、同じ世代の人にも聴いてほしいと思っても仕事や家庭があり音源やDVDでしかアピールが出来ない
来れても時々
ならそこに力を注げるための本来大好きなRockやHIPHOPでありのままの気持ちと言葉を詰め込もうと思った

時代背景を見て未来を担う子供達に向けてダンスミュージックで一緒に振り付けを踊って知ってもらおうと思った

初心に戻り過去を思い出す、自分に向けて、そして支えてくれてるファンの方々にフォークソングを創った

暗い暗黒な腐った現代に喝を入れるべくして歌もんの楽曲で魂で歌おうと思った

京都から出て周りの土地を見て知って、日本の人と出逢った時バラードで改めて思う気持ちを入れて、アップテンポで気持ち良くなってラップで気持ちを詰め込んだりした

ファンの人同士の小ちゃい争いから戦争という大きな争いや、友達同士、恋人同士の喧嘩、いじめ、仲間外れ、見栄っ張り、妬み、絶えない世界に向けてバラードで落ち着ければ嬉しいことやなと思った

1曲1曲、どの曲も、どんな曲も、歌詞も曲も、自分の気持ちと、ファンの方の気持ちと、応援してくれてはる方々の気持ちと、時代と、未来で聴いても良いものなのか、など全てひっくるめて大切に創っている

一度世に出したものは大切に子供のように思いながら、人の耳と目に触れ、人の脳に入って、擦れて擦られて、みんなの手によって育っていってくれる

【シンプルが1番】という考えの持ち主やけど、上記のそんなことが頭の中を駆け巡ってついつい言葉を詰め込んでしまったり、長くなったりしてしまう


だから、結果的に
表面的に見ると「変わった」
など思われるかもしれへんけど、性格も音楽も根本は変わってないよってこと!!

今日のBlogは世間を見ずにファンの方だけを考えて話してしまったけど、、、笑
12月15日のMUSEみたく、内輪だけのことしか考えれてない自分も良くないんよね

一時的に全てのことを考えれてないね

写真には何も触れずにいこうか笑




来年は、たっっっくさんの人と出逢って
たっっっくさんの街と出逢って
たっっっくさんの人と再会して
たっっっくさん歌って
たっっっくさんの歌う場所と出逢って
たっっっくさんの自信を持って
たっっっくさんの人の前で歌って
たっっっくさんの幸せな気持ちを
たっっっくさんの人に伝えていきます


有言実行


皆様、
2017年は大変お世話になりました!!
来年もどうぞよろしくお願い致します!!

よいお年を!!

〜人と音楽は隣り合わせにある幸せ〜
We under the same sky.
また逢おうぜ!!